立正保育園

たちばな福祉会 > 立正保育園 > 保育園の行事 > H17お泊り保育(ほし)

保育園の行事

2005-9-1
平成17年度・5歳児お泊り保育!・2005.8.24〜25

 

 

【STORY】

 

年中組(ことり組)の時、魔女から教えてもらった「保育園の7不思議」の解明以来、ずっと魔女と親しくしてきた子ども達。しかし、年長組(ほし組)に進級してからは、突然魔女からの手紙は途絶え、子ども達も心配そうに「魔女さんどうしたんだろう?」「ずってお手紙がこないね」とつぶやく日々が続いていました。

しかし、そんなある日、待ちに待った魔女から久しぶりの手紙が届きました。みんな大喜び!早速手紙を読んでみましたが、みんなの予想もしなかった出来事が魔女の身に起こっていたようです!さあ、大変。みんなの大好きな魔女はいったいどうなってしまったのでしょう?

この日を堺にまた魔女との新しいストーリーの始まりです!

 

〔大地沢お泊り前日まで〕

 

1)魔女からの手紙―(1)7月25日

ほし(年長)組になってはじめての手紙が久しぶりに届きました。そこには、「みんなに会いたいのだけれど、大事な魔法のほうきが壊れてしまって、今までのように保育園まで飛んでいく事ができないんだ」と書かれてありました。

2)「返事を書こう!」7月26日

子ども達は相談の結果すぐに返事を書くことに。「魔女さん元気?魔女さんに会いたいよ!」「ほうきが壊れているのなら、私たちが会いに行くから住んでいる場所を教えて!」などなど

3)魔女からの手紙―(2)7月27日

しばらくして魔女からの返事が届きました。そこには、「私は普段は変身しているから、魔法の力を持った人しか会う事ができない。もしみんながやる気があるなら魔法の力を頑張ってみにつけてみるかい?」と?そして、魔女の住所と住んでいるらしい場所の写真も一緒に同封されていました。

4)「魔法の力を手に入れて、会いに行くよ!」7月28日

みんなはさっそく「挑戦してみる!」「みんなで会いに行くよ!」という思いを込めて、返事を出しました。

 

5)魔女からの手紙―(3)8月1日

すると、みんなのもとにびっくりするような手紙が届きました。なんと、「8月24日の夜に大地沢の森でみんなが会いに来るのを待っている」というのです。そして、その時までの宿題で 「魔法の力(7つ)」を身につけ 「魔法の呪文」を考えておかなければなりません。みんな大はりきりです!

 

6)「園長先生、お泊りさせてくださ〜い!」8月1日

子ども達は魔女からの「24日の夜に待っている」という手紙から、相談の結果園長先生「みんなで大地沢に泊まりに行きたい!」とお願いしに行き、みんなで考えた呪文「ディディディ・ドゥバドゥバ!なんでもカタブラ!」も聞いてもらい、無事許可をもらうことができました。

 

7)魔女からの手紙―(4)8月5日

すると、魔女から「魔法の力」を身につけるために必要なカードが届きました。1つ魔法を獲得すると魔女からご褒美のシールが届くのです。1つ目の魔法は「みんなを笑顔する魔法」。いよいよ本格的にスタートです!

8)第1の魔法「楽しく歌おう!楽しく踊ろう!」8月12日

子ども達は相談の結果、保育園の1Fにあるデイサービスのおじいさん・おばあさん達に「歌と踊りのプレゼント」をすることに。みんなの歌と踊りを楽しんでくれたおじいさん・おばあさんはみんな笑顔。おじいさん・おばあさんから魔女からあずかったシールが子ども達にプレゼントされました。

9)魔女からの手紙―(5)8月15日

この手紙ではじめて子ども達は、「魔女が日本人ではなく、英語しか話せないこと」を知りました。2つ目の魔法は「英語であいさつ」。でも大丈夫。みんなにはいいアイデアが!

 

10)第2の魔法「かすがい先生、教えて!」8月17日

みんなには、強い味方がいたのです。日頃から英語を教えてくれるかすがい先生にさっそく自己紹介の仕方を教えてもらうことに!みんなやる気満々なので、すぐに上手に!かすがい先生から魔女からあずかったシールがプレゼントされました。

11)魔女からの手紙―(6)8月17日

無事英語のあいさつもできるようになり、魔女からきた3つ目のキーワードは「ピカピカ」。早速みんなで考えた答えを手紙に書いて送ってみました。

12)第3の魔法「まほうの石鹸作り!」8月18日

すると翌日、副園長先生が魔女から届いた小包をほし組に届けてくれました。小包の中には、なんと「まほうの石鹸作りセット」が入っていたのです。そうピカピカとは石鹸のことだったのです。さあ、魔法の粉を使って石鹸作りのはじまり。水を加えながら心を込めて練りに練り、 最後は得意の呪文「ディディディ・ドゥバドゥバ!なんでもカタブラ!」。しっかり乾燥させてできあがり!

13)魔女からの手紙―(7)8月19日

魔法の石鹸も無事作り終わり、魔女に褒められた子ども達は、魔女から4つ目のキーワードをゲット!それはなんとみんなの得意な「料理作り」。でもかぼちゃの料理はみんな初めて。さっそく栄養士の先生に相談することに。そして、なんとみんなのもとに、カボチャがとどいたのです。

14)第4の魔法「かぼちゃパイ作り!」8月22日

さあ、いよいよかぼちゃパイ作り当日。おいしいパイにしあがるかなあとドキドキわくわく。完成したパイを栄養士の先生に試食してもらうと「おいしい!」の返事が。無事4つ目のシールをもらうことができました。

15)魔女からの手紙―(8)8月22日

いよいよ大地沢に行くまであと2日。魔女から忘れ物をしないようにと「持ち物リスト」が送られてきました。いよいよあさっては憧れの魔女に会える日。もうみんなの気分は最高潮です!

16)いよいよ明日は!8月23日

さあ、明日は待ちに待った魔女に会いに行く日。魔女から「大地沢行きのバスチケット」の入った手紙が届きました。みんなチケットを手にして大喜び。早速手作りの魔法の石鹸をビニールケースに入れて明日の準備にとりかかりました。

 

〔大地沢当日〕

 

1)さあ、出発だ!

いよいよ出発の日。みんな魔女からもらった「バスチケット」をギュッとにぎりしめ、いざ出発。先生方・大学生のみんなと一緒に貸切バスに乗って行きました。

2)ここが魔女の住む森(大地沢到着)

約1時間で、魔女の住む大地沢の森に無事到着。写真と同じ景色を目の前に、みんなどきどきわくわく。大地沢の森を散策しながら宿舎に向かいました。

3)まずは建物探検!

昼食をしっかりとった後は、みんなの泊まる宿舎探検へ。いろんな場所や部屋にびっくり!1番の人気場所は、大きな大きなお風呂場でした。

4)魔女からの手紙ー(9)

宿舎探検が終わって部屋に戻ると、さっさく魔女からの手紙が!!そこには、「魔女の森に3つの魔法」が修行できる場所を用意したとのこと!

  1. 空飛ぶ魔法(ターザンロープ)
  2. 魔法の光る玉探し(川遊び)
  3. 魔法の薬探し(虫探し)

みんなは、さっそく着替えて、魔女の森に飛び出ていきました!

5)いよいよ「魔法の修行」の開始!(屋外遊び)

約2時間、子ども達はおなかがぺこぺこになるまで、魔法の修行に取り組みました!

1.空飛ぶ魔法(ターザンロープ)

2.魔法の光る玉探し(川遊び)

3.魔法の薬探し(虫探し)

6)魔法の石鹸を使ってお風呂!

元気いっぱい遊んだ子ども達は、汗びっしょり!待ちに待った大きなお風呂にいざ出発です。魔女に教えてもらった手作りの石鹸で楽しく体を洗っていました。

7)おなかぺこぺこ(夕食)

今日の夕食は、全て園長先生の手作り。みんなの大好きなカレーライスに、ポテトサラダとフルーツポンチが出てきました。いつもと違う環境と大好きな友達と一緒ということで、みんなペロリと食べていました。

 

8)魔女からの手紙ー(10)

夕食が終わって部屋に戻ると、またまた魔女からの手紙が!無事魔法の修行ができたご褒美にプレゼントの花火が届きました。みんな大喜びで大小いろいろな花火を楽しみました。

 

9)魔女からの手紙ー(11)

花火が終わって部屋に戻ると、またまた魔女からの手紙が!なんと「魔女の待っている場所までの案内図」だったのです。みんな大喜び!色々な修行で集めた星シールの貼られた修行カードを持って、いよいよ魔女に会いに出発です。

 

10)待ちに待った「魔女との出会い」

グループごとに出発です!真っ暗廊下や階段を抜けて、みんなが向かった先は、建物の1番奥の奥、レクリエーションホールです。うっすらと月明かりが差し込む視界の先に、魔女と先生の姿がぼんやり浮かびます。でも、みんな怖がることなく、会いたくて会いたくてしようがなかった魔女についにご対面!魔女からの英語の質問にも堂々と答える事ができました。最後に、魔女から手作りのキーホルダーをもらいました。

 

11)ぐっすりおやすみ

無事魔女に会うことのできた子ども達は、安心して就寝へ。みんなでなかよくぐっすり眠っておりました。

12)すっきりおはよう!

親元を離れて寝泊りするのはほとんどの子ども達が初めて。でも無事朝を迎えることができました。さあ、今日は一体どんな楽しい事が待っているのかな!?しっかり朝食を食べて準備完了!

13)大学生と一緒に遊ぼう!

今日のメインは、大学生のお兄さん・お姉さんによるコーナー遊び!あいにくの雨模様で室内での活動となってしまいましたが、子ども達はそんなことおかまいなし。3つのコーナーをかわるがわる楽しんでおりました。お兄さん・お姉さん達、どうもありがとう!

1.ヨーヨー&魚釣りコーナー

ヨーヨー以外は、みんなの手作り。魚やつり針を自作してみんなで競争していました。

2.版画コーナー

水彩インクを利用して、宿舎周りのさまざまな葉っぱを使って、版画を作りました。自然の形をとてもきれいに写し取ることができました。

3.ゲーム遊びコーナー

お兄さんと一緒に手遊びや遊具を使ったゲーム遊びを楽しみました。お兄さんの楽しいのりにみんな笑顔がたえませんでした。

14)魔女さん・大地沢の森、さようなら

残念ですが、台風の接近のため、早目の帰園をすることに。あこがれの魔女に会えた子ども達。満面の笑顔で帰路につきました。

今年も無事お泊り保育を終える事ができました。4歳児クラスの時からの夢、「魔女」に会う事ができ、みんなとても満足そうでした。「魔女の手があったかかったよ!」「魔女はとてもやさしかったよ!」と、会ってとても喜ぶ姿がたくさん見られました。また、魔女からの英語の質問にも、堂々と答える事ができました。みんな、この2泊3日を通して、ぐんと大きくなったように思います。さあ、これから子ども達は魔女とどのような関係を築いていくのでしょうか?! お泊りにあたりご協力いただいた保護者の皆様に心から感謝いたします。こどもはいい夢を見てはじめて成長していくのですね。



Copyright (C) 社会福祉法人 たちばな福祉会. All rights reserved.

関連リンク
たちばな福祉会
芙蓉の園
立正保育園分園
居宅介護支援センター